時間を判断の材料

 上記時間を判断の材料(基)と致しますが、その前に考慮すべき点として、これまで他人に対してネットを利用した収入確保の方法を個人として向かい合って教えた事が無く、上記で紹介している「ある方」とは無駄な時間を過ごしていたし、雑談も多かった。

 違う意味になるが、このような面談になると考えて十分な学習教材を用意していた訳でもなかった。これらを総合的に判断すれば、それなりのカリキュラムを十分に思案して用意すれば20時間程度のセミナーに参加すれば誰でもウェブサイトが出来上がる、と判断できる。

 20時間という単位を変え10回のセミナーで十分な知識が得られると判断すれば、それを基に一回のセミナー時間単位を90分と考え、その上で予備の時間などを前後に合計30分ほど確保する。さらにパソコンの準備、後片付けなどでさらに、前後に15分ほど会議室を確保する。

集団でセミナーを行う

 違う面から見ると集団でセミナーを行う事も可能であるし、進行度に応じてセミナー時間を引き延ばしたり、出張したり、会場を変更したり、という形でのセミナーも可能性が無い訳ではない。ゆえに現段階よりも収益力が上がる可能性もあるが、様々な要因が生じる事によりかえって下がるという可能性も否定できない。

 これら将来性を考慮しながら現状を踏まえると、事実上、私一人の力(知識)でセミナーの開催を行う必要性があり、企業としての収益を考えると、月間最大で90万円のセミナー収入、平均して33万円、最低でも165,000円(月間11回のセミナー)という売上げを確保したい。

これらの点を考慮

 これらの点を考慮すると一回当たりの授業料を15,750円と決めるのが妥当な金額だと思われる。逆の立場に立ち、授業を受ける側から考えると全くの素人が10回のセミナーでウェブサイトが自由に作れるようになれると想定できる。

 さらに10回のセミナーに参加することで「アクセスアップの方法」を知ることになり、オプション扱いとなる10回の「商品の売り方」に関するセミナーで自社商品やアフィリエイトによる報酬の獲得を目指すことになる。

 これら私が用意できるカリキュラムを(セミナー)合計すると30回の参加となり、約45時間分の学習を受けることになる。先に提唱した1000時間には程遠いが、この45時間を基にした自宅学習などで、不足分を補っていただき、ネットの上手な運用を考えて頂きたい。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります