宇根は、組んでいた腕を解き

 宇根は、組んでいた腕を解き、薄くなった頭を撫でながら天井を見上げ作戦を練る。彼が採った作戦は暫らくの間黙り込む作戦だった。事情聴取に正解の方法はない、要は聞きだしたい事を聞きだせば良いのだ。ゆえに彼の作戦が間違いだ、とは言えないが、今回に限って言えば、彼が選択した作戦は失敗だった、突然睡魔が彼を襲ったのだ。

 考えてみれば当たり前の事で、彼は昨日の勤務開始からほとんど睡眠を取っていない。警官として威厳を保つためには居眠りなど出来ず、あくびも許されない。その状態で、悪魔のように誘う睡魔と闘う為には、脳細胞を動かすしかない。宇根は改めて青年の特徴を探り出した。

 頭に置いた腕を胸の前で組み、青年の顔を見詰める。青年は机に描かれた木の年輪を目で追うがごとく、うつむいたままだ。宇根の視線からだと、顔の表情までは読み取れないが、普段からやり慣れた仕事でもある。それなりの想いを頭に浮かべていた。 『……つきまとい行為をする人物は決まって整った顔をしているものだ。この青年も例に漏れず整った顔をしている、少し化粧をして眉毛の形を整えれば二流の芸能人ぐらいに成れそうだ。このぐらいの顔なら近寄ってくる女の子はいるはずで、わざわざ見知らぬ女性の後を追って文句を言われる必要はない。それなのにこの青年は見知らぬ女性の後を追った……。

 その必要は無かったはずだ。いや、彼から見たら女性とは何らかの接点があったのだろうが、意味もなく彼等は女性につきまとい、何らかの犯罪を起こす。しかも彼等は罪を犯した意識が少ない、常識を知らないとでもいうのだろうか』

 宇野の思考回路は方向性を失い、彼の頭に住む睡魔は彼の脳を深い瞑想へと導く。

『常識を知らない、つまり親の教育がなっていなかった。と言う事だろうか。ならば私はどうだろう、親として自分の子供を教育してきたと言えるだろうか……。それは言えない事になる、私の子供はいぜん万引きをして捕まった。たいした物ではなかったが、例え少額であろうが犯罪は犯罪。警官の子として、恥ずかしい事をしてくれたものだった』

宇根が突然思い出したのは彼の息子

ホームページより

 次に、ホームページより以上がいつもホームページを得るそのI缶を示しますが、私はホームページでそれを稼いでもよいですか?私の経験で言うなら、Itはそれを稼ぐのにおいて可能です。あるイメージで正しい→と証拠をクリックするなら、より明確にそれを確認するのは、可能です。

 また知っている人が、それがさらに多いかもしれない情報商業の材料を処理するASP、および特に主要なinfotoppuのお金の販売(報酬)金額のイメージがある、比較的。あなたが、すぐに私のホームページが長い間それに読み込まれることになっているのを理解していると思われますが、それは私に関するほとんどのホームページで情報商業資料を紹介しません。

あなたの賃金商業

 あなたの賃金商業の材料の挿入がそうするかもしれない、中、それはdesuga情報商業資料を偶数にたいへん取り入れます。結果は上記のイメージのような販売に関連します。私は、あなたが情報商業資料を販売できると別々に思います。

 実際にそれを買って、また、得する人がいるので。しかしながら、そんなものが私の政策として買われなくてもそれを稼ぐことができる人は、それを稼ぐことができます。それを稼ぐことができない人は、それを稼ぐことができません。要するに。1月。最初に。稼ぎます。繰り返してください。増加してください。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります