宇根が突然思い出したのは

 赤信号で先頭になった宇根は、三人の女子小学生が黄色のカバーが付けられたランドセルを背負い、目の前で横断歩道を渡る場面を見た。別に不思議ではない、宇根の車は赤信号で止まっているのだから、横断歩道は青信号のはずである。

 当然小学生は無事に横断歩道を渡りきった。だが女子小学生は、その次の横断歩道で二種類の行動に出た。ふたりは赤信号を無視して次の横断歩道を渡り始め、残るひとりは信号を守り、離れ行く友人を見たまま信号の変るのをひたすら待っていた。

 別に問題にするほどの事はない。その交差点は二車線ある大通りと細い路地が二本交わるだけで、細い路地から大通りに向かって出てくる車はほとんどない。どちらかといえば歩行者が大通りを横断するために設けられた信号機である。

 とはいえ、細い路地に対しても横断歩道の信号は赤色を灯している。変則交差点に設置された信号機に問題がない訳ではないが、その赤色を無視して細い路地を渡る行為は、れっきとした反則行為である。

 小学生の親が子供に対して、赤色でも進んでいいよ。と教える訳はない。幼少の頃から赤色は止まれ、青色は進んでもいいよ。と教えていたはずである。ではなぜふたりの小学生は赤信号で渡り、ひとりの小学生は赤信号を守っていたのか。離れ行く友人を見詰める少女の瞳は、夏の空を連想させるぐらい青く透明に輝き、同級生と一緒に渡れずに困ったような顔付きは、少女の心に汚れが無い事を示していた。

その時、宇根が出した答えは

人が満足している速度

 存在するので人が満足している速度を予想しますが、私はステップマニアの速度と速度でギャップをしたい気がします。試験的に拒否していたステップマニアは何でもしていました、そして、最近アクセスの数は毎日でした、そして、増加したなら、約20--30にはレポートがありました。

 それがアクセスのNo.0と同様であるかもしれませんが、多くの人々が状態でいる、見える、その唯一の20アクセス。しかしながら、単に少し内部の構造をいじくるので、アクセスは増加し始めます。それはそれらが結果的に現在の最大20回のアクセスと、1000か2000の増加であれば将来、50回のアクセスまで増加するでしょう。

横道にそれました

 それは横道にそれました。ホームページの上でそれを稼ぎたがっている1人が、募集されます。状態は以下の通りです。1とホームページ記事は定期的に書かれています。3カ月毎週約8時間の2と仕事ができる人。本当に必要なお金がある3と1。4に関する少ない知識とホームページ作成があります。

 5で序論を承認する人とこれはホームページを作ります。上記の私との協定に連絡してください。コメントかヤフーのアドレス(@yahoo.co.jp)をmikushiに郵送するために記述されたメールとこのホームページ記事を送ってください。

 あなたは、明確に簡単な理由のホームページをその場合、記述してください、そして、得て、なぜ説明したいですか?

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります